J-REITとは

J-REIT(不動産投資信託)とは、多くの投資家から集めた資金でオフィスビルやマンションなど複数の不動産などを購入し、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当される投資信託です。これまでの投資信託では、株式や債券など主に有価証券を投資対象に限定していましたが、平成12年11月に施行された改正投資信託法により不動産等を運用対象とすることが可能となりました。米国ではREIT(Real Estate Investment Trust)と呼ばれており、日本でもこれにならってJ-REITと呼ばれています。
J-REITが初めて上場されたのは平成13年9月のことであり、平和不動産リート投資法人は、平成17年3月に東京証券取引所に上場(銘柄コード:8966)いたしました。

pagetop